株式会社山二
採用情報関連リンクサイトマップ
あらゆる住宅資材をフルサポートする総合資材サプライヤー「山二」
  株式会社山二のホームへ >> 採用

採用
Recruitment

人材こそ、山ニの資産

 人とのコミュニケーションを大切にできるかどうか。それが山二の採用基準であると言っても過言ではありません。私たちは、お客様とじかに接する営業職はもとより、現場で働くすべてのスタッフが人間関係を大切にする風通しのよい職場環境づくりをめざしています。


プレカット部 営業課 湯本 宏樹

畑違いの業種でも、営業ノウハウを学べる職場。

私は、いまはプレカット部の営業として20から30社くらいのお客様を担当しています。でも、もとは建設とはまったく畑違いの会社で働いていたんですよ。業界や商品の知識もまったくない状態で、最初の一年目はプレカットの工場に配属されました。それから営業になったものの、毎日、何をやってるかわからない状態で(笑)。お客様と話しが出来る様になるまでに3、4年はかかったかな。先輩や現場の大工さんにいろいろ教えていただきながら、学んでいった感じですね。

プレカット部 営業課 湯本 宏樹

口よりも、からだが動く。そんな人が伸びます。

私の営業エリアとして、南信、東信、県境を越えて山梨あたりまで、北は新潟県まで足を伸ばすこともあります。小さな工務店や大きな建設会社など規模の大小を問わず、わが社のプレカット技術に興味をもっていただければ、どこにでも飛んで出かけています。特に今までお取引のなかった新規のお客様に対しては、いまはライバル会社も増えていますから、真剣勝負ですね。お客様とどれだけ内容の濃い、突っ込んだ話ができるかどうか。
私の営業姿勢としては、まじめに嘘をつかず、しっかり約束をまもること。当たり前なんでしょうが、やはり信用が第一ですから、基本を大切にしています。山二の営業職は、何よりも機動力が求められますから、「口よりも、からだが動く」タイプがいいですね。そういう人材であれば、活躍できる場がどんどん広がっていきますよ。

プレカット部 営業課 湯本 宏樹

営業部藤沢 祥一

プレカットを武器にして新規営業。

仕事は、工務店さんといっしょに家づくりのお手伝いをするということ。家づくりの最初の段階から、プレカットを武器にして、営業をかけていって、それから徐々に受注する仕事の幅を広げていきます。
現在は、北信、中信、それと東信地区が営業エリアです。工務店や建設会社さんをまわって、新しいお客様を開拓して、仕事が軌道に乗ってきたら、若手の営業にまかせて、自分はまた新しいところへ行く。いわゆる新規営業としての動きが多いんですよ。1〜2年かかることもあれば、タイミングよく1ヶ月で受注できることもあります。

営業部藤沢 祥一

安心して、まかせられる。その一言が最高の喜びです。

営業部は、材木やプレカットの分野とともに、建材も扱っている部署なんです。ですから、営業する上では、ひじょうに幅広い知識が求められますね。私の場合、前職は材木問屋だったんです。ですから、材木そのものの知識はありましたから、わりと早く仕事の進め方は覚えることができました。
現場の大工さんは材木の知識が豊富ですから、いろいろな要望があって、それにきちんと対応できるかどうか。材木の種類を知っているかどうか。それによって、工務店さんからの信頼が大いに違ってきますね。若い人にも、まず材木についての知識を覚えてもらうようにしています。工務店さんに不安をぜったい与えない。安心して、まかせられる。そういう評価をいただけるよう、真剣に、信念をもって、やっています。

営業部藤沢 祥一

求人情報関連リンクサイトマップ
企業情報|理念所在地概要沿革採用
事業内容|住宅建材ビル建材プレカット不動産開発
お問い合せ  
Copyright (c) 2007 Yamani Co., Ltd. All Rights Reserved.